home > blog > お酒 > ワイン

私のほとんどの報酬は現物支給といっても過言ではありません。

本日支給された数多くのお菓子の中で衝撃的な味だったのが、アイスワインフレーバーのクッキー。

20100621.JPG
カナダ土産です。

いわれないと絶対当てられないフレーバーのひとつですね。

あっまーいです。
声がようやく戻りました。

ご心配頂きありがとうございます。

これで電話に出られます。。。

さて、最近溜まっているものがあるようで、ついつい飲める機会があるともれなく酔っ払うまで飲んでいます。
いけませんねー

美味しいカリフォルニアワイン、備忘録として残しておきます。
どれもエレガントでお薦めです。

20100611-1.JPG
Frias Family Vinyard (2006 カベルネソーヴィニヨン)

20100611-2.JPG
Fontanella Family Winery (2006 カベルネソーヴィニヨン)

20100611-3.JPG
Skewis Wines (2006 ピノノワール)

どれも飲み頃。
特にヒットはSkewis Winesのピノ。
重すぎず、軽すぎず、甘すぎず、渋くなく。バランスも絶妙!

今日もバリバリ仕事して今週末も飲みます!

| comments(0) | trackbacks(0)
category:

オーガニックのワインだけでなく、オリーブオイル、牛、卵、野菜、フルーツの有機栽培をしているLong Meadow Ranchに行ってきました。

 

20091111-1.jpg広大な土地の自然の力をうまく利用して、できるだけ経済的にいいものを栽培しているところ。

オーガニックの食品がかなり市民権を得ている地域なので、オーガニックワインも多いのかとおもいきや、まだまだそう多くないそうで、これだけの規模でできているのは本当に限られた数しかないらしい。

ワインはとてもまろやかなアタックがとても印象的で、アルコール度数もあえて控えめにしている。

ワインだけでなく、ビーフジャーキーもオリーブオイルもおいしい!

オリーブオイルは良いお値段がするけど、ワインも比較的手ごろ(19ドルくらいからある)で、ビーフジャーキーがやわらかくて美味。お土産に買ってみた。

もって帰れるのかなぁ。

 

 

カリフォルニアに出張に来てます。

先週はバケーションを兼ねた旅行でしたが、日曜日からは基本的に仕事です。

ワイナリー訪問も仕事になったのが本当に嬉しい。。。

今までの苦労が報われます。

20091109-1.jpg

Round Pondという2007年にできたばかりの息子と同い年という若さのワイナリー。

でも、本当に色々な人が絶賛している、今ナパで注目を浴びているところのひとつ。

ワインの出し方もとてもユニーク。まず、赤ワインのテイスティングから始まり、白ワインでタンニンを洗い流すという流れ。

ペアリングされた料理も、一口サイズなのにものすごく手が込んでいて、こだわりのすごさを痛感。

素材、栽培にもおもいっきりこだわったワイナリー。お勧めです。

 

他にもたーくさん面白いところにいっていますが、また今度。

ワインもすごいけど、私はそれよりミントチョコの豊富さにテンションあがりまくりで。

片っ端から買うかどうか悩んでいるところ。。。どう考えてももって帰れない。。。

 

 

| comments(2) | trackbacks(0)
category:

DARIOUSHは、出来てからまだ5年ほどしか経っていない新しいナパのワイナリー。

オーナーがイラン出身でボルドースタイルという面白い組み合わせ。

ワインの特徴としては、ボルドースタイルなのでカリフォルニアワイン特有の超完熟ブドウを使った力強いガツンとくるワインよりも上品な味わい。

1本約70~80ドルくらいから、上は350ドル位という、割と上の価格帯なので、日本に来る頃には倍くらいの値段になって大変なことになってしまうのだが、ストレートに美味しいと思う。

ただ、若い畑なせいなのか(もちろん相当こだわりと持ってぶどうを作っているのだが)少し複雑味に欠けるのが残念なところ。今後に期待したい。

昨日は、DARIOUSHの社長が来日したということで、テイスティングセミナーに行ってきた。

20091009-1.jpg

(写真は当日開催されるディナーの写真なので厳密には私がいったものとは違うのだが、これしか撮れなかったので。。。)

社長のDanielさんは、UC Berkeley卒業ということで勝手に親近感を覚えた。

とってもいい人だった。

DARIOUSHのワインには「うま味」があるとおもう!と言っていた彼。かなり勉強熱心の様子。

最近カリフォルニアワインの消費が鈍っているところで、このDARIOUSHは前年比2倍の売り上げらしく、今のところ日本では順調らしい。

DARIOUSH、何がすごいって、ワイナリーがすごい!

20091009-1-2.jpg

(DARIOUSHのHPから拝借)

ナパのワイナリーはかなりのお金をかけて、すごいものを作ったりするが、これはその中でも群を抜いているのではないだろうか。

そういえば、社長は建築専攻だったといっていたような気がする。

彼が設計したのかは定かではないが、ワインだけでなくワイナリー訪問もかなり楽しめる魅力がある。

是非ナパに行く機会があれば訪れてみてください。

私も行ってみたいなぁ。

| comments(0) | trackbacks(0)
category:
1

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments