home > blog > 子供 > 好き嫌い

首都圏の有名私立中学に合格した子の家庭、約200世帯のアンケートを元に、「頭が良い子が育つ住環境」が何かを調査したのだそうで。 

調査会社出身者としては、とても興味深い記事が旦那から転送された。。。


すごいですよ。お母さんたち、頑張っていますよ。 
旦那も私にもっと頑張れと言っているのでしょうか。。。気になるところです。 

私もこれでもがんばっているんですけどね。 

最近は家で食べるのを嫌がります。悲しいですが、楽です。 
昨日もパン屋に行ったら、併設されているレストランに行く!と宣言されたので、流されるまま外で食べることになりました。 

先日友人に「子供が外で食べたがって~」と愚痴っていたら、「血筋だから仕方がない」と一蹴。

納得です。 

昨日は、折角なので飲んだくれてきました~
| comments(0) | trackback(1)
category:
「空腹」でした。


昨日の朝ごはんを食べたきり、嘔吐を繰り返す息子。。。

今朝も張り切って食べたらダメで。

でもさすがにオナカが空いたようで、「ごはんたべたいー」とかなりキレ気味。

お粥を超スローにあげたり、うどんを作ったり。

キャベツを発見して「キャベツスープ」が食べたいというから、コーンなどを入れてスープを作るも、かなり消化が悪く明らかに病人食ではなく。。。

私は病気にならないので、どうしても看病が下手でダメなんです。

つまり母親失格。

でもこのスープは相当ヒットだったようで、「ママのスープ飲みたい!」と、今まで聞いたこともないような反応。

あれだけ私の料理を拒否っていた息子がウソのよう。

おなかが空けば何でもおいしいのですよ。

それにしても、この調子じゃ明日も保育園は難しそう。

困った。。。
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
子供はもれなく麺類が好きだと思う。

今日はがんばって新しいレシピに挑戦し、うどんを作ってみたが反応が相当いまいち。

原因は2つ。

味が薄かったのと、温かいうどんだったから。

やっぱり暑い日には冷たいうどんがいいのよね!
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
効果大です。

モサモサの髪の毛だった息子を美容院に連れて行き、夏仕様に短くカット。

その後、パンが食べたいというので、用賀倶楽部へ。
息子指定の食パンを調達。

私は頭の丸い形のイングリッシュブレッドがいいと思って(形が真四角よりステキだし)
「え~それよりこっちのほうがいいよ~」と強く勧めたのですが、彼的には真四角の食パンがいいというので、それを購入。

ただ、それが功を奏して、今日のランチに作ったサンドイッチは大絶賛でした。

20100620-2.JPG
決して見かけはよくないのですが、お店で売ってもいいんじゃないかと思うくらい(思うのは勝手ですから)美味しかった!

ちなみに、材料は
・ツナ缶
・じゃがいも(角切りにしてゆでて、少しつぶす)
・ピクルス(みじん切り)
・レッドオニオン(すりおろす)
・オリーブオイル
・塩、こしょう
・フレンチマスタード
・酢(何でも大丈夫ですが、我が家は柚子の絞り汁と米酢をあわせたもの)
上記を混ぜて、パンに厚めにクリームチーズを塗って、たっぷり具を入れてはさみます。

今回よかったのが、パンがとーってもおいしかったこと!
これがかなり重要であることが発覚。
我が家は食パン系はホームベーカリーで作ってしまうのですが、健康志向すぎて全粒粉とかをいれているせいか、あっさりしていて今日かったようなリッチでソフトでないのです。
勝手に想像するに、あれはバターと砂糖の配合が多いのではないかと。
あとは、職人さんの腕がいいということですね。
パン屋さんは職人さんのスキルがすごく重要ですから。
それから天然酵母だったり、粉にもこだわりがあるみたいですねぇ。
(私はまだ天然酵母は未挑戦。気持ちと時間の余裕がまだありません。)

それにしても、用賀倶楽部が近所で一番美味しいパン屋だと思います。

上質な食材でつくるのも重要ですなぁ。

今日はひとまず大成功。

| comments(0) | trackbacks(0)
category:
今朝は5時半に起き、昼前まで仕事をし、お昼ごはんを作る暇の無かったわたし。

「お昼ごはんどうしようかなぁ。。。食べに行くかなぁ。。。」と考えていると、外に遊びに行っていた息子と旦那が帰宅。

そして、息子、開口一番

「ママのごはんきらいー」

比較的痛いが心当たりもある。

昨日は残り物だらけの、それは寂しくわびしい食卓だった。

その割りにガツガツ食べた息子。
いきなり「気持ち悪い・・・」と言って戻してしまった。

やっぱり残り物がいやだったのか、息子よ。。。

と、悲しい気持ちに浸っていると、

「レストランにいきたい!」と、息子。

あ、そういうことね、とも思ったが、ママのごはんきらいはちょっとデリカシーに欠けるなぁ、と思いながら、でもレストランは楽なので嬉しいような、でもやっぱり悲しいような。

料理はそんなにうまいわけではないけど好きで、そこそこがんばっていたつもり。
しかしながらそれは息子スタンダードには達していなかったようだ。

微妙に私の料理熱に火をつけたので、ちょっと燃えてみようかと。

明日からやりますよ。

レストランに勝ちますよ。
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
1

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments