home > blog > 読書家になりたい

今のご時世、みなさんそれぞれ気が狂うほど忙しいと思いますが、
ワーキングマザーも驚くほど忙しい。

24時間という限られた時間の中で、
何をどれだけできるか?と
日々考えながら生活しています。

そして「時間3倍」とか
「子育てしながら稼ぐ母」などという、
キャッチコピーに鋭く反応してしまうのです。

で、思わず買ってしまったのがこちら



これを読むと3倍のことができるようになるかというと、残念ながらそうでもないですが、色々な工夫の具体例があるので参考になります。

頑張れば30分~1時間で読めるので、一読してもいいと思います。

特に私が「そうだよなぁ、やりたいと思っているんだけどできてないな~」と思い、
「やっぱるやるべき!」と再確認したのが、帰宅直後の遊び

帰宅後はすぐに夕飯の支度にとりかかりたい、けど、そこはぐっと我慢して、少し時間を取るべき。
息子1号をTVの誘惑から遊び下手な私が気を引くのはかなりの難関ですが、ここは頑張るべきところ。
2号もね、、、本の一冊でも読んであげたいと思っているので、頑張るしかない。

それにはきっと夕飯の下ごしらえを朝にしておくべきなのでしょう。

ヒー、チャレンジング!

次に、「はっ」と気付かされたのが、お義母様に対する気遣い

「お義母さんに自宅に来てもらう場合」という項目に

コツ①メークはお義母さんの到着前に
コツ②子供の食事類はつくっておく
コツ③「おもてなしの心」も忘れずに
と。

③まで気が回っていなかった~
「テレビのつけ方(電源やリモコン説明)、布団や毛布、雑誌のありかなどを伝えておきましょう。」との記述に、自分のダメ嫁具合に落胆。

来月は出張で実家両親にもお世話になるので、何か考えよう。
(でも何が喜ぶかな?いつもここで思考停止。そして何も用意できない。。。)

そして、最後に突き刺さったのがこれ。

おち込む暇があるなら、自宅の床でもピカピカに拭いてみましょう。
「悩み事は1円にもならない」というシビアな精神も、ときには必要です。

その通り。

悩むのは本当に無駄!

悩まずにいるのは難しいですが、最近は迷った時はできる限り意思決定をすることを心がけています。
でももっと早くバンバン決められる人になりたいものです。
今年は読書を頑張ろうと思います。
今朝読み終わったのが、元宝塚・宙組の組長をされていた大峯麻友さんの本。


宝塚のすごさと、大峯さんご自身の努力に目が覚めます。

大峯さんとは去年の年末にある勉強会で講演をきく機会に恵まれ、講演の文字おこしまでしたので(←大変で死にました)、私の中では既に特別な存在ですが、本当にステキな女性。

背筋がピンと伸びていて、でも、腰は低くて。
女性ならではのしなやかさもあり、見習うことばかり。

特に本の中で自分を正したいと思った、ドキッときたフレーズは

「ポジティブオーラは姿勢から~姿勢が悪いと運勢も悪くなる?!」
→ほんと、おっしゃるとおり。絶対悪くなると思います。私の運勢悪いのはそのせいだと思います。

「レスポンスは熱いうちに打て!」
→しまった、私まったくできていません!

というわけで、今年の目標(のひとつ)である、

『スピーディーに手早く』、というのと、

『姿勢を良くする』、を

今日も意識して頑張りたいとおもいます!

あ、でも、もうこんな時間!!!
もっと時間をうまく使えるようになりたい。。。なろう。。。
仕事をしていると大なり小なりリサーチをすることがあると思います。

自分なりの情報整理のノウハウをお持ちだと思いますが、プロはすごい。本当にすごい。

テレビ番組のリサーチャーが具体的なテクニックや禁じ手を教えてくれる本があります。

『プロフェッショナルの情報術』~なぜネットだけではダメなのか?~


 

特に印象に残った言葉は「固有名詞で話せ!」

私全然できておりません!

名前覚えられませんし!

まずそこから頑張りたいと思います。
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
スープストック(株)スマイルズ)社長、遠山正道さんの本です。



飛行機の中で読みました。
(途中、映画に夢中になって読み終わらず、帰国してこの間読了。)

かなり面白いです。
下線を思わず引いてしまう、色々な名言もあります。
遠山さん自信が人から言われたことで、彼の指針となるようなことも沢山あって、参考になります。

「ビジネスマンとして昼飯を食べるのは七千五百回だけ。だから色々な人と食べろ」

だとか

「年齢は、四捨五入ではなく三捨四入。三十代は三十三歳まで。」

など。

ふたつめの言葉は相当危機感を感じますね。

>同年代の諸君も、でない?

自分でビジネスをするものとして参考になることも沢山。

物語形式の企画書を作るところもとても勉強になります。

遠山さんの発想力は本当にスバラシイ。

ついつい自分の凡人さ加減にブルーになりますが、
それよりもっと楽しく仕事しなくっちゃ、という気持ちにもなりました。

そういえば、マーサの著書の中で、自分の使うマグカップひとつをとっても、それを使うとワクワクするくらい好きなものを使うべき・持つべき、と言っていました。


(もう文脈も正確な文章も憶えていないので間違った解釈かもしれませんが)

あ、もっと自分の持つものにこだわりをもって、愛着がもてるような、テンションがあがるようなものをもたなくちゃ、と思ったことを思い出しました。

最近なんだか「無難」な物を買ったり、及第点を基準に行動していたような気がします。
もっと自由に、もっと自分のやりたいように、仕事も私生活も楽しまなくちゃ、と気づかされた本でした。

遠山さんは今年の初めにインタビューの仕事でお会いしましたが、とぉーってもステキな方。
ずば抜けた発想力とセンスがある方で、勝手に注目しています。

ご近所の方、2冊の本とも我が家から貸出中なので、興味があれば連絡ください~
ネガティブな私は人を誉めることさえできない!
 こんなんじゃダメだわ!! と思っているところに、友人から連絡。 

 良い本があるとのこと。


   

 タイトルの通り、ひたすら誉め言葉が載っています。 

そして、どのようなシチュエーションで使うと適切かも、丁寧に解説されているのでとても親切。
 実用的です。 

 私の高校からの大好きな友人が下書きを手伝ったそうです。 
彼女のお嬢さんの名前をさりげなく出したりとかしていて、うけます。 

昨日午前中にamazonで注文したら、その日のうちにとどいて、今朝保育園の駐車みはり当番をしているうちに読んでしまいました!(見張りもしながら・・・ええ・・・)

 ご興味ある方は是非。 

 これで私も今日からほめ上手になっているはず。 
まずは息子から。。。 
いい加減迎えに行かねば。

遅くなってしまった。。。
| comments(2) | trackbacks(0)
category:
1  2

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments