home > blog > お店

アメリカのNPOは政府から助成金をもらっている関係で、
利用するエアラインはアメリカの会社でないといけません。
(と私は説明されています)

今回もユナイテッドさんにお世話になりましたが、
機内のアルコール類が全部有料になっていてびっくり!
お酒の強いゲストのみなさんもビックリだったようで、
ここで無駄にイライラされたらたまらないなぁ~と、
ひとりヒヤヒヤしてました。
(勿論、みなさん理解のある方々で、怒りの矛先は私に向けられませんでした。感謝。)

ちなみに、私は機内食を「特別食(スペシャルミール)」に変えて色々試す人なのですが、
今回はじめて「グルテンフリー」に挑戦。
20140420-1.JPG
ごくごくうす味のチキンと温野菜に、いつもの乾いたサラダ、スーパードライな米粉のパンで、胃には優しいけど、伸びしろの大きいお食事でした。
次回に期待したいと思います。

さて、SFに到着するとハプニング発生。
空港出発が12時をすぎ、ゲストの皆様も空腹絶頂。
ナパにつくまで待たせられない!
急きょ計画を変更し、サンフランシスコのフェリービルディングへ移動。
ナパで行く予定だったバーガー屋さんの支店に行くことに。

そこは、グルメバーガーで有名なGott's Roadside
ナパ発祥のバーガーショップです。

地元の食材を使ったグルメなファストフードバーガーが売りで
ワインもカリフォルニアが中心で、ビールも地ビール。
ミルクシェイクもこだわっていて、サツマイモ(スイートポテト)のフライも名物。
北カリフォルニアらしいものを食べたい方、是非おすすめします。

バーガーの中でも人気なのは、「Ahi Burger」。
ハワイによくある「マグロのたたき」のバーガーです。
数年前(2008年くらい?)に食べた時は感動しましたが、去年食べたら同じ感動が得られず、、、私の舌が肥えたのか、Ahi burgerに何かが起こったのかは不明ですが、今回は初テキサスバーガーに挑戦。
スパイシーでなかなか美味しかったです~
20140420-2.JPG
去年11月にもGott'sに行ったのですが、
その時にオーダーしたかったけど遠慮してオーダーしなかったのが「ミルクシェイク」。

しかも、MINT CHIP フレーバー!!!
20140420-3.JPG
去年11月以来、「何であの時にオーダーしなかったんだろう?あれだけ働いたんだ、、、(声でなくて役立たずだったけど、、、)遠慮なんてする必要なかったのに!」と後悔し続け5カ月。。。
今回は意を決してオーダーすることにしました。

そして、ゲストのみなさんはほぼ全員ビール!
いやぁ~すばらしい~これぞ酒飲みです。

ワイン研修ツアーに適任な方々をお連れしたと実感した瞬間でした。

そして、ゴールデンゲートブリッジを通って、ナパへ向かいます。
(写真はベイブリッジですが・・・)
20140420-4.JPG
つづく
例の鍼灸治療院のhealing you さん、
実は我が家から徒歩圏内の「千歳船橋」にあります。

徒歩圏内といっても、普段使わない駅なので、ほとんど行くことはありません。
折角行くのだから、近くの美味しいお店に行くべきだ、と思い、
治療の前に以前から気になっていたお店2か所を訪ねてみました。

女性が大好きなかわいいナチュラル系のカフェです。
当然店内は女性で埋め尽くされています。
男性はかなりの勇気をもってしないと入店できそうにありません。
インテリアも素朴・ナチュラル系でとってもキュート!
小一時間お茶をする予定でしたが、お腹が張って思うように歩けず、スーパースローの徒歩のために到着したころには治療まであと20分程。
ここまでくると根性で、1杯の自家製ジンジャーエールを一気飲みしてお店を去りました。
滞在時間15分の短い癒やしの時でした。

IMG_3884_R.JPG
テイクアウトのスイーツも豊富で、かなり心を揺すぶられます。
相当「私を買って帰って!」とスイーツたちに訴えかけられましたが、
鍼灸治療の後に産気づくかもしれないし!とそわそわしていて、この日テイクアウトは買いませんでした。

今となってはかなり後悔。

つづいて治療アポ前5分で寄ったのが、こちらの和菓子屋さん。


なんでも「わらび餅」が有名で、確かなかなかよいお値段(700円くらいだったかと)。
季節の生菓子など、ここでも相当魅了されて
「あれも、これも、あ、やっぱり全種類1つずつください」と言う衝動にかられましたが、
ぐっと我慢してわらび餅だけを買ってお店を後にしました。

ちなみに、このわらび餅、私は結局手をつけることなく陣痛を迎え、未だに食べられていません。
私の入院中に、主人や私の両親に幸せに食べられたそうです。
母曰く、「もう、普通のわらび餅じゃなかったわ!」と感激していました。
絶対今度食べます。

healing you さんへ行く方、是非上記の二軒に寄って千歳船橋を楽しんでください♪





| comments(0) | trackbacks(0)
category:
若干内容違いますが、UMAMIMARTにも掲載してもらいました。
堀井さんの新規顧客が増えるといいな~
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
そば屋さんでは何をお飲みになりますか?

ここ最近、もっぱら日本酒党の私。

和食のお店は必ず日本酒。
ビールも飲まずに、はなから日本酒。
勿論そば屋も飲むなら、日本酒。
だからこの日も迷わず日本酒、

と思っていた1月の夕暮れ時。
この日はとあるプロジェクトの新年会でした。

伺ったのは麻布十番の老舗そば屋の「更科堀井」さん。

2Outside_R.JPG
日本酒モード全開の私に前に
「ここの焼酎そば湯割はめちゃくちゃウマい」と向かいのHさん。

何でも、前回そば湯割があまりにも美味しくて、
そば湯がなくなってこれ以上つくれません、とお店の人に言われたくらい頼んだそう。

そんな話を聞かされては頼まないわけにはいきません。

確かにそば屋のそば湯は美味しいに違いない。

というわけで、素直にそば湯割を頼んでみました。

到着したのは超濃厚なそば湯。
とってもクリーミー。
3Shochu_R.JPG
そして、うまい。。。

コクがあってとろっとしていて、本当に美味しい。
焼酎にぴったりです。

4Shochu_R.JPG
久しぶりに焼酎もやっぱりいいなぁ、と思ってしまいました。
(数年前までは日本酒よりも焼酎が好きでしたし)

そんなそば湯割が忘れられず、また行ってきました。
写真はその時のもの。

このそば湯割、なんでも20年位前からあるものなんですって!
最近のはやりで出したものとは重みが違います。
さすがです。

機械打ちとはちがって、手打ちそばは「くず」が出ます。
そのくずを無駄にせずに何とかできないか、と考えて考案されたのがこのそば湯割とのこと。
ご主人の堀井さんが教えてくれました。

くずを水にとかして火にかけて、あのとろっとしたそば湯を作られるのです。

なので、通常のそば湯とは違うんです。特別なそば湯なんです!

いやぁ~メニューにはシンプルに目立たず「そば湯割」としか書いていないので、知らなければ見逃してしまいそうなものです。
毎月お勧めの地酒が紹介されていて、日本酒も充実していたので危うく日本酒を頼むところでした。
(日本酒でも勿論いいんですけど!)

是非みなさんもそば湯割、試してみてください~
もちろん、強さも加減していただけますよ!
6AtsuyakiTamago_R.JPG
あとあと、季節ものが好きな方、
「季節のかわりそば」というのが毎月あります。
1月は桜エビ
2月は春菊

5Soba_R.JPG
私はどちらも頂きました~
色がステキなんです!
桜エビはほんのりピンク。
春菊は渋いあわい深緑。
ほんのりとした素材の風味が味わえて、いいですよ~
季節を楽しむって、日本のステキなところですよね?

あぁ、日本人でよかった。

京都では楽しそうに商売をしている方を関東より沢山目にするような気がします。

肩にあまり力が入ってなくて、楽しくなくちゃやってけない、的な。

生真面目で肩に力がはいった私はその真逆を行っているような気がしてなりません。
(だからひどい肩コリなんだと思います!)

私だって好きで生真面目に肩コリになっているわけではありませんから、このような楽しい方達を見ると大切な事を気づかされるのです。

先日の台風で新幹線が動かず、京都に延泊を決意した後、折角なので京都駅の伊勢丹で京都デパ地下事情を調査するべく探索しに行きました。

すると、ありますあります、見慣れないモノたちが!

なかなかテンションが上がります。

そして、程なくして目についたのが紫竹庵さんの「大徳寺納豆」。
非国民の私は、大徳寺納豆の存在を去年初めて知りました。

納豆といっても、一般的なネバネバの納豆とは異なり、塩味の強い味噌などに近い発酵食品です。
中華のトウチとすごく似ています。
調味料として使われるようですが、普通の料理だけではなく、ケーキや和菓子にも合います。

私が足を止めて大徳寺納豆を買おうかどうか悩んでいると、お店の方が
「いやぁ~私、これ好きじゃないですけど~」
と言いながら、試食を差し出して下さいました。

「ちょっとにおいがね~」なんておっしゃいます。
好きじゃないものを売るのってすごいな、しかも、それを堂々と言いきってしまうのがスゴイな、と感心していると、饒舌なお店の方、色々な事を教えて下さいます。

「料理に色々使えるんですよ~。かきましょか?」と、
おもむろにメモ用紙を出してレシピを書き始めます。

しかも、絵つき。

20110927-1.JPG
ママと友からのレシピもここまでの力作はなかなかお目にかかれません。

20110927-2.JPG

このあたりで大徳寺納豆を買おうと決心をしたのですが、お店の方は止まりません。

「何がいいですか?野菜?野菜たべたいならドレッシングいいですね、ドレッシングはね・・・」
と、アンストッパブル。
誤字とか脱字とか、つっこみどころ満載なのですが、私が口を挟む隙を与えません。

表だけでは足りず、裏まで書いて下さり、貴重なレシピをいただきました。

大満足の私は、さて、そろそろ大徳寺納豆を買って次のお店へ、、、と思いきや、そんなことは許しません。
お兄さんは身の上話を始めました!
デパートに3カ月契約で入ったのが更新更新でもう1年以上もいることだとか、大徳寺納豆にまつわるいろいろな苦労、商品開発の裏話、実はディスプレイしていない特別な(高級?)大徳寺納豆があったり、、、もう30分くらい話していたのではないかと思います。

いや、もう、スゴイの一言です。

一気に私はここのお店にファンになりました。
今回500円にも満たない大徳寺納豆だけで買い物を終えましたが、次に京都に行ったらおまんじゅうも買いたいと思います。

私がお店をやっていたら絶対レシピカードを印刷して用意するところでしょうが、あのアナログなメモ帳レシピ、やられました。
私と話している間にポテンシャルカスタマーは何人もいたはずなのに、それをものともせずにメモレシピを書き続けて下さったお兄さんに感謝です。

大丈夫かな?
いつものように勝手に心配してしまいますが、ずっとスムーズに契約更新できているんですもの、儲かっているはずですよね?

それにしても、こんな仕事の仕方もあるのか?!と目から鱗のデパ地下探索でした。

いいなぁ、こういうスピリット(?)。

私も面白おかしく生きていきたいです~

ちなみに、教えて頂いた大徳寺納豆のレシピはこちら:

①醤油入れに、2~3粒入れて3日目くらいから美味しくなる。普通の卓上醤油として。
②お刺身(白身魚)のづけ⇒酒30cc、醤油20cc、鯛の半身、大徳寺納豆1粒、だしこぶはがき大1枚をビニール袋に入れて冷蔵庫で2~3時間寝かせる。
③パウンドケーキ ⇒ホットケーキミックス1袋に卵の代わりに白みそを50g入れて、パウンドケーキ型2つに入れて180度で40分焼く。焼き始め5分ごとに3回ヘラで撹拌。3回目のときに納豆を入れる。
④ドレッシング ⇒マヨネーズ適量に酢大さじ3、サラダ油大さじ3、塩コショウ、納豆みじん切り、白みそ2さじ(大さじ?)入れて撹拌する。マヨネーズの代わりにオリーブオイルでも。
⑤ディップ ⇒ 赤みそ、納豆、みりん、お酒をすり鉢でする。グリル野菜などと一緒に。
⑥麻婆豆腐の調味料にいれても。

今度作ってみたいと思います~

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments