home > blog > お店 > 青山

友人からも勧められた、ニッカウィスキーのブレンダーズバーが表参道にあります。
さすが友人からのお勧め、メチャクチャよかったです。

ウィスキー初心者の私は"12 Years" プレミアムテイスティング というテイスティングセットをオーダー。
20110902-1.JPG
・キーモルト余市12年 "Sherry & Sweet"
・キーモルト余市12年 "Peaty & Salty"
・キーモルト余市12年 "Woody & Vanillic"
・ キーモルト宮城峡12年 "Fruity & Rich"
・ キーモルト宮城峡12年 "Soft & Dry"
・ カフェグレーン12年 "Woody & Mellow"
<各15ml >

早い時間から行ったこともあり、バーテンダーの人を独占状態でレクチャーしてもらえ、かなりウィスキーの理解が深まった!
余市や宮城峡の違い、製造方法がどういう風に味に影響していくか等も詳しく教えてくれて、とっても満足。
女性は特に好きそう。

今度は是非蒸留所を訪ねたい。

20110902-2.JPG
この写真は、ヨードチンキのような香りを出す草炭。
なんか、バーで見たせいか、これだけ見てもカッコよくみえてくる。

お食事はつまみ的なものが中心だけど、美味しかったですよ。
20110902-3.JPG

自分でブレンドしてオリジナルのブレンドウィスキーなかも作れちゃうので楽しい。

いやーお酒は奥が深い!面白い!!

で、ほろ酔い気分ななか、息子を迎えに行き、頑張って電車の中で酔いを醒ますのでした。

次はイチローズモルトを飲みに行きたい。




表参道にある楽食酒 圓(まる)で、日本酒全種類のみました。

飲みすぎました。

IMG_2317_R.JPG

 

IMG_2320_R.JPG  

 

IMG_2321_R.JPG IMG_2325_R.JPG  

IMG_2329_R.JPG

当たり前なのだが全部味わいがちがくて面白い!

そして和食にあう!

食事もおいしいし、お店の人のサービスもよくて大満足。

個々のレビューはきっと無理なので、あえてひとつ気に入ったものをあげてみると、喜久酔(きくよい)がよかったかな。

でもさすがに飲みすぎたようで、暫く日本酒はいいかな、と思ってしまった。いかんいかん。。。

| comments(0) | trackbacks(0)
category:

今週は事情があって一流レストランめぐりです。

昨日のランチは、数々の有名シェフや某料理学校のH先生などから推薦してもらった『レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ』で、おまかせのコースをいただいた。

彼の料理はフレンチをベースにしながらも、形式にとらわれない、非常にユニークな発想で素材を生かした料理で、もうあれはアートである。

どの皿にも「おっ?」と思わせるサプライズがあり、各素材が引き立つ調理をしている。

どれも本当に美味しかった。デザートもかなり美味しくて感動した。

まず、アミューズ。

20091002-2.jpg

お魚のフリット。カレーソルトがかかっている。いきなり美味。

20091002-1.jpg

ラディッシュにかかっているのは、なんとブラウンマスタードを揚げてつぶしたもの。言われるまで何か分からなかった。美味。

20091002-3.jpg

メニューのタイトルは『南国への誘い~ラングスティーヌ・季節の野菜・フルーツ』。

とにかく美しく、各素材が個別に味付けされていて、どこをどう食べても美味。

20091002-4.jpg

写真にうまく収められなかったのだが、植木鉢にふた葉が生えているのだ。
これ、バターが下にあって、土にみえるのは黒オリーブを何かしたもの。
かわいすぎる。。。この日一番のお気に入り。
ちょっとALLESSIの雰囲気。

20091002-5.jpg

『プロヴァンスの香り~鮮魚・プロヴァンス風~』

まろやかな味わいで、美味しい出汁が野菜や魚から出ている。

包まれるような美味しさで、気持ちだけでもプロバンスへ!いったことないけど。

20091002-6.jpg

『炭2009~松坂牛~』 
肉の周りの炭はネギでできている。
大吟醸(たしか)のグラニテなんておっしゃれ!
きのこがものすごく美味で、振り返って二度見してしまうほど。
もちろんお肉もうまい。肉汁が出ないよう、低温で調理されているらしい。

20091002-7.jpg

『初霜~幸水~』
なしのシャーベットとおろしたものをまぜ、カボス(たしか)のゼストをのせたもの。

さっぱりしていいわぁ。我が家のなしも美味しいのがあるのだが、格別。
カボスがかなりいい仕事してます。

20091002-8.jpg

『カリブ諸島~カカオ・コーヒー・サトウキビ』
これ、仕上げにラム酒のスプレーを振ってくれる。

ラム好きな私にはたまらないデザート。絶品のデザート!

20091002-9.jpg

実はこのマカロンのほかにも小さなデザートたちがワゴンで運ばれてくるのだが、タイムアウトで1つしか食べられなかった。いやー惜しい。

なんだろう、とことん突き詰めた感のある、非常に面白くそして美味しい食事だった。

シェフの成澤さんもとてもダンディーな方で、料理は彼の感性を反映しているのだなぁと妙に納得。

お店の方も英語が結構話せたりして、スマートな感じだったわぁ。

特に女性にオススメしたい。絶対好きだと思う。

1

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments