home > blog > お店 > 東京以外

京都では楽しそうに商売をしている方を関東より沢山目にするような気がします。

肩にあまり力が入ってなくて、楽しくなくちゃやってけない、的な。

生真面目で肩に力がはいった私はその真逆を行っているような気がしてなりません。
(だからひどい肩コリなんだと思います!)

私だって好きで生真面目に肩コリになっているわけではありませんから、このような楽しい方達を見ると大切な事を気づかされるのです。

先日の台風で新幹線が動かず、京都に延泊を決意した後、折角なので京都駅の伊勢丹で京都デパ地下事情を調査するべく探索しに行きました。

すると、ありますあります、見慣れないモノたちが!

なかなかテンションが上がります。

そして、程なくして目についたのが紫竹庵さんの「大徳寺納豆」。
非国民の私は、大徳寺納豆の存在を去年初めて知りました。

納豆といっても、一般的なネバネバの納豆とは異なり、塩味の強い味噌などに近い発酵食品です。
中華のトウチとすごく似ています。
調味料として使われるようですが、普通の料理だけではなく、ケーキや和菓子にも合います。

私が足を止めて大徳寺納豆を買おうかどうか悩んでいると、お店の方が
「いやぁ~私、これ好きじゃないですけど~」
と言いながら、試食を差し出して下さいました。

「ちょっとにおいがね~」なんておっしゃいます。
好きじゃないものを売るのってすごいな、しかも、それを堂々と言いきってしまうのがスゴイな、と感心していると、饒舌なお店の方、色々な事を教えて下さいます。

「料理に色々使えるんですよ~。かきましょか?」と、
おもむろにメモ用紙を出してレシピを書き始めます。

しかも、絵つき。

20110927-1.JPG
ママと友からのレシピもここまでの力作はなかなかお目にかかれません。

20110927-2.JPG

このあたりで大徳寺納豆を買おうと決心をしたのですが、お店の方は止まりません。

「何がいいですか?野菜?野菜たべたいならドレッシングいいですね、ドレッシングはね・・・」
と、アンストッパブル。
誤字とか脱字とか、つっこみどころ満載なのですが、私が口を挟む隙を与えません。

表だけでは足りず、裏まで書いて下さり、貴重なレシピをいただきました。

大満足の私は、さて、そろそろ大徳寺納豆を買って次のお店へ、、、と思いきや、そんなことは許しません。
お兄さんは身の上話を始めました!
デパートに3カ月契約で入ったのが更新更新でもう1年以上もいることだとか、大徳寺納豆にまつわるいろいろな苦労、商品開発の裏話、実はディスプレイしていない特別な(高級?)大徳寺納豆があったり、、、もう30分くらい話していたのではないかと思います。

いや、もう、スゴイの一言です。

一気に私はここのお店にファンになりました。
今回500円にも満たない大徳寺納豆だけで買い物を終えましたが、次に京都に行ったらおまんじゅうも買いたいと思います。

私がお店をやっていたら絶対レシピカードを印刷して用意するところでしょうが、あのアナログなメモ帳レシピ、やられました。
私と話している間にポテンシャルカスタマーは何人もいたはずなのに、それをものともせずにメモレシピを書き続けて下さったお兄さんに感謝です。

大丈夫かな?
いつものように勝手に心配してしまいますが、ずっとスムーズに契約更新できているんですもの、儲かっているはずですよね?

それにしても、こんな仕事の仕方もあるのか?!と目から鱗のデパ地下探索でした。

いいなぁ、こういうスピリット(?)。

私も面白おかしく生きていきたいです~

ちなみに、教えて頂いた大徳寺納豆のレシピはこちら:

①醤油入れに、2~3粒入れて3日目くらいから美味しくなる。普通の卓上醤油として。
②お刺身(白身魚)のづけ⇒酒30cc、醤油20cc、鯛の半身、大徳寺納豆1粒、だしこぶはがき大1枚をビニール袋に入れて冷蔵庫で2~3時間寝かせる。
③パウンドケーキ ⇒ホットケーキミックス1袋に卵の代わりに白みそを50g入れて、パウンドケーキ型2つに入れて180度で40分焼く。焼き始め5分ごとに3回ヘラで撹拌。3回目のときに納豆を入れる。
④ドレッシング ⇒マヨネーズ適量に酢大さじ3、サラダ油大さじ3、塩コショウ、納豆みじん切り、白みそ2さじ(大さじ?)入れて撹拌する。マヨネーズの代わりにオリーブオイルでも。
⑤ディップ ⇒ 赤みそ、納豆、みりん、お酒をすり鉢でする。グリル野菜などと一緒に。
⑥麻婆豆腐の調味料にいれても。

今度作ってみたいと思います~

と言われて、産地の名前が出てくる方、、、日本人として尊敬します。
私、ごくごく最近まで、兵庫の香住が蟹の産地とは知りませんでした。。。。

そして、今日明日はここで撮影です。

今夜は蟹づくしコースを三七十館さんで頂きました。

女将が5人お子さんがいらっしゃるのに、若い。。。。若すぎる。。。そして大将のご主人さまも楽しくて素晴らしい。お料理作ってらっしゃいます。香住には160もの蟹が楽しめる旅館があるそうですが、こちらはとてもおすすめの旅館です。

(パシャっというシャッター音を出してはいけないので写真があまり撮れませんでしたが・・・)
20110210-1.JPG
香住鶴さんのお酒と頂きました。

20110210-2.JPG
美味。。。。幸せ。。。

日本の地方めぐりは本当に面白い!

| comments(0) | trackbacks(0)
category:
私は昨年まで大徳二納豆という存在を知らない、大分お粗末な日本人でございました。

全くご縁が無かったのです。

しかし、年を明けて私の元に来てくれたのです。

京菓子の形で!

というわけで、ズバリそのものではありませんが、まずは少しずつ知れ、というお告げなのでしょう。

その大徳二納豆は、この和菓子に入っていました。

20110129-2.JPG
京華堂 利保」の『濤々(とうとう)』というものです。

大徳二納豆が餡に入っていて、麩のおせんべいに挟まっています。

これを下さった方いわく、お店でしか買えない、しかも、その日に注文しておかないといけないという限定商品らしく、相当なんだかすごいお菓子らしいのです。

(でも噂によると普通に購入している人がいるとかいないとか?でも、この日はとりあえず浮足立っていて多分色々なことを正確に覚えていません。とにかく特別だということは理解しましたが、あとは1%くらいしか記憶にありません。。。あぁ、ギフトのあげがいの無い人間です。ごめんなさい。)

で、何でもこの麩のサクサク感が重要らしく、「一番美味しいのはその日のうちに食べることダヨ」といわれましたので、夜中2時に帰宅してから忠実に1つ頂きました。
煎茶と一番合うと言われたので、煎茶も淹れて。。。

確かに美味しかったです!
眠気は飛びませんでしたが。。。

そして、大事に大事に少しずついただき、日に日にしける、もとい、しっとりする麩煎餅を楽しみながら頂きました。

京都に行く機会がある方、是非試してみて下さい!おすすめです。



| comments(0) | trackbacks(0)
category:
宇治の料理人の方から、宇治の銘菓子の「宇治のみどり」をいただきました~。

うれしい。。。

ちょっと前ですけど。。。(更新しきれていません)

20110129-1.JPGやっぱりその地域らしい食べ物だと嬉しいですね~
そして、売れますよね~
こういうのを見ると、自分の田舎で何か作りたくなります。
(が、私にはその力量が・・・)

鍋が嬉しい季節でございます。
今日も寒いみたいですけど、そんな日はあったかーい鍋で温まりたいですね。

秋田の郷土料理はきりたんぽ。
きりたんぽといったら、『お多福』です。

ひとつ前の記事のコメントに、おすすめのおでん屋さん「おたふく」を友達が紹介してくれましたが、「おたふく」は良いお店が多いんですよ。
なんせ、福が多いんですから。

で、この『お多福』ですが、御主人の安倍さんには、きりたんぽマスターとしてアメリカに一緒に来て頂きました!
(今、HPみたら参加報告がありました!安倍さん、ありがとうございます!)

もう、すごいです、安倍さんワールド。
引き込まれます。吸い込まれます。
アシスタントのアンという超可愛い素直な女の子がいたのですが、彼女も完全引き込まれていました。
ふたりは英語の壁を乗り越え、イベントの最後の方は通訳なくても心が通じ合っていましたね。
すばらしいです。
とぉってもあたたかい笑顔のご主人です。

そんな安倍さんがつくるきりたんぽ鍋は、体にしみいるほっとする味です。
おいしいですよ~
そして、秋田以外の方に朗報!
おとりよせできます!

便利な世の中です。

我が家も年末に頂きました!

20110128-1.JPG

かわいいパッケージ。

20110128-2.JPG
お野菜、お肉、出汁、きりたんぽ、などなど、全部必要なものがそろっています。

漬物もとっても美味しいんです。

2月に秋田出張があるのですが、日程的に寄れなさそうなのが残念。。。
安倍さんのお店行ってみたいなぁ。。。
1  2

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments