home > blog > お店 > イタリア

われらの花嫁、イタリアに何度も来たことあるにもかかわらず、ミラノは案外知らないことが発覚。
何でもミラノはいつもスルーしていたらしい。
確かに案外そんなに行かないものよね、色々なところに。

とはいえ、彼女もいくつか食事スポットは知っています。
彼女が絶賛するパニーニのお店が近くにあると言うので、ランチに行くことに。

ミラノ中心地のドゥオーモ近くにある百貨店「リ・ナシャンテ(La Rinascente)」のレストラン街にその店はあるといいます。
百貨店は日本と同様、とりあえず一通り良質なブランドが揃っていてとても便利。
やや割高ですが、まぁ、忙しい旅行者にはかなり利用価値が高い。

7Fのフードフロアに行くと、いきなり天井ががオレンジ!
イタリアンインテリアです。
これくらい奇抜じゃないとね。

20110510-1.JPG
パニーニのお店を探そうとした瞬間、私の目に飛び込んできたのが回転ずしのMY SUSHI!

20110510-2.JPG
写真に収められなかったのだが、パステル調のカラフルなお皿に透明なドーム型のふたがされて寿司が回ってくる。
ちなみに、英語でいうとスシ・コンベイヤー。
この日も満席。
相当人気のようです。

どんなお寿司なのか、どんなすごいメニューなのか見てみたい衝動をひとり抑えながら、気を取り直して、パニーニのお店へ。
DE SANTISというお店です。

20110510-3.JPG

パニーニは、パンを焼いてから生ハムを挟むので、ハムはきちんと生のまま。

20110510-4.JPG
基本、ピザでも何でもシンプルなのが一番美味しいらしい。
貧乏性の私は色々入っているのを頼みがちですが、アドバイスに従い、シンプルな生ハム、トマト、バジルペーストのパニーニをオーダー。

20110510-5.JPG

そして、花嫁おススメの生ハムとチーズのプラッターも頼み、

20110510-6.JPG
サラダもみんなでシェア。

20110510-7.JPG
どれも美味しい!

けど、しょっぱい!

というのが正直な感想。

(すまない、花嫁。でも美味しかったよ!)

そして、その後、イタリアの食事は見事に塩分高めオンパレードでした。
ワインが進むけど、、、こんなにはいりません。

ちなみに、このフロア、六本木ヒルズにあるモッツァレラバーOBKIAとかもあります。
でも、現地の人的にも高いらしい。
美味しそうですけど。

でも私はやっぱり行くならMY SUSHIかしら!
1

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments