home > Blog

すみません、時間があいてしまいました。。。

5月31日のソウルオブ東北のチャリティーイベントの様子の続きです。

ちなみに、この日のイベント内容はUSTREAMでご覧いただけます。
なんて便利な世の中なんでしょう~

20110531-09.JPG
アイバンラーメンのアイバン。テレビの取材もきました。
「根曲竹と愛海豚の塩ラーメン」

20110531-10.JPG
レストランよねむらの米村さんは「岩手の米と雑穀と牛の赤ワイン煮カレー」

20110531-11.JPG
キハチさんは「さっぱりと仕上げた帆立貝の白みそ風味新感覚の殻焼」


20110531-12.JPG
今半の坂本さんは、「岩手県産黒毛和牛のしゃぶしゃぶ」。

20110531-13.JPG
沖縄からロワジールホテル&スパタワー那覇の屋比久さんは「東北の豚のらふてー」。
沖縄の豚とは肉質が全然違うそうです。おもしろいですね。

20110531-14.JPG
醍醐の野村さんは「姫竹照焼」

20110531-16.JPG
秋田の安倍さんは勿論きりたんぽ鍋。

20110531-17.JPG
漬物も。

アップしきれないので、(いつか)つづきます。
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
何年も日本人やっていますが、2年前まで「ねりきり」を知らなかったくらい和菓子について何もしらない非国民な私。

和菓子教室に行く貴重な機会をいただき、和菓子をつくってきました。
そう、「ねりきり」をね!

東京和菓子協会青年部と東京製菓学校の先生が指導してくださいます。

まずは、和菓子について、藪専務理事からの講話。
20110612-1.JPG
お会いするのは2年ぶり。
ユーモアたっぷりのお話しで、和菓子に対する興味がかなり上昇。
日本最古の加工食品はおもちだとか、ドングリを砕いてつぶした粉食がだんごの始まりだとか、昔はお菓子の漢字は「果子」だったとか、「水菓子」は水ようかんではなく、果物のことを意味するとか、おかしの語源とか、昔は2食だったからおやつは大事で団子、だいふく、いなりずしみたいなものを食べたとか、その他色々、菓子ってすごい!深い!というお話しばかり。

特に由来についての話は目からウロコ。
和菓子を相当見直しました。
知って食べるのと知らないで食べるのでは、ありがたみが違いますな。

ちなみに、被災地へも被害のほとんどなかった現地の和菓子屋さんの協力を得て、水ようかん5万個が配られたそうです。
ようかんは食べるときに音があまり出ないので、重宝されるとのこと。
甘いものは気持ちが癒されますしね。

さて、次に実習。

20110612-2.JPG
参加者が220名だったので、何グループかにわかれます。
先生の説明、デモンストレーションの後にいきなりつくります。

20110612-3.JPG
洋菓子のパティシエコートをお召しですが、和菓子!
35年の熟練の技、簡単そうに見えてしまうから危ないです。

20110612-4.JPG
ひとり6つ、3種類つくります。
餡づくりまではしないのでかなり楽です。

20110612-5.JPG
左から、紫陽花(あじさい)、小菊(こぎく)、川原撫子(かわらなでしこ)。
(この写真は先生のサンプル)

それなりの見てくれになったけど、なかなか難しい。
色のグラデーションとかがすごくステキで、日本人の繊細な感性っていいな、と思いました。

20110612-6.JPG
去年、一緒にアメリカに行った、世田谷のやまと家の太田さんとも嬉しい再会。

もっと和菓子たべよう!
| comments(2) | trackbacks(0)
category:
森永さんに感謝!
みなさん、DARSからミントチョコがでてますよ~
近所のコンビニにて発見しました。

20110610-1.JPG
ソフトな口当たりのダークチョコにほのかなミントの香りがします。
ほのか、なのが残念ですが、、、
2種類いれて、目覚ましミントとほのかなミントみたいにすれば尚いいと思うんですけど。
ミントチョコのメーカー様方、ご検討下さい。

20110610-2.JPG
あと、森永さんはDARSだけではなく、チョコボールでミントチョコフレーバーを作るべきだと思います。
私は必ず買います。
LARABAR
20110606-1.JPG
「世界一の美女になれるダイエット」おやつらしいですけど。
私はなれません。
| comments(4) | trackbacks(0)
category:
5月31日は、東北支援のためのチャリティーイベント、「ソウルオブ東北」が開催されました。

今回も豪華な料理人の方々が沢山集まり、東北支援のためにと東北の食材を使ったお料理をふるまい、この支援活動の資金集めをしました。

私はほんの少ししかお手伝いできませんでしたが、要領の悪い私は何だか無駄に忙しく走り回ってしまいました。

今回こそは料理人の皆さん全員の料理を食べるぞ!と意気込んでいたのですが、時間切れ&満腹により願いかなわず。
なかなか皆さんのお店では食べられないので(高すぎて~)、良い機会だったのですがね。
ま、またの機会があるよう、応援したいと思っています。

写真もあまりとれませんでしたが、ちょこっと様子をご紹介。

20110531-01.JPG
キッチンでみなさん仕込み。
柳原さんはいつでもさわやか。
この日おつくりになったのは、「本ますの蛇龍木の芽焼き」。

20110531-02.JPG
土壌環境学の野中教授、グッドテーブルズのやまけんさんやのプレゼンや、料理人の方々のパネルディスカッションがあり、ビュッフェへ。

20110531-03.JPG
販売もあったり。

20110531-04.JPG
どれもおいしそうで、手頃なお値段!

20110531-05.JPG
寄付金はキッチンワゴンのためにもあてられます。

20110531-06.JPG
この日一番目は更科堀井の堀井さんのおそばいただきました。
「冷やしジュンサイ山かけそば」
美味!

20110531-07.JPG
焼き鳥の八兵衛の八島さんは、「短角牛とほろほろ鳥の焼き鳥」。
短角牛は初めて食べました。
博多風の甘辛タレにわさびをつけて頂きます。
うまい。
20110531-08.JPG
お隣は、六覺燈の水野さん。
世界一の串揚げです。
簡単そうでおくがふかーい串揚げ。
死ぬ前に一度は食べください。
この日は「帆立貝のニンニク醤油風味」ともうひとつ豆のペーストの串揚げです。(豆の種類をわすれてしまいました。。。ごめんなさい。)

つづきは次回。
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments