home > Blog

やっと時代が追いついてきたようです。
この夏はミントチョコが例年よりも元気です。(多分)

昨日、コンビニをのぞいたら、なんと3種類ものチョコミントがあるではないですか!

20110707-1.JPG
一番上の段には、meijiのフィールミントクリスプ。
下から2番目の段には、森永のプラスミント(plus mint)。
その下には、同じく森永のDARS

スゴイですよ。快挙ですよ!

ちなみに、アイスのケースには、CRUNKYのアイスバーミントがありました。

とはいっても、ミントはまだまだ控え目なので、もう少し頑張って頂きたいものです。

ちなみにmeijiのフィールミントクリスプは、下の部分にサクサクのビスケットが入っているのと、ホワイトチョコベースな部分があるので私ごのみ!
おススメです。

仕事が煮詰まったときの気分転換にオススメ。

お恥ずかしながら、meijiさんの「チョコレートミントガム」を食べていないことが発覚。
探してきます~
Etsyというサイト、御存じですか?
簡単に言うと、ハンドメイド商品のオンラインショッピングサイトですが、アメリカで人気急上昇中です。
個々のアーティスト、クリエーターが自分の商品を簡単にアップして、手軽に販売ができるのと、デザイン的にステキなのが受けている理由でしょうか。

(私の大学時代の親友Fay Ryu出品してます!)

Etsyはマーケットプレイスの運営だけでなく、面白いコンセプトのお店や商品、アーティスト等々をフィーチャーしたムービーを作ったりもしています。

そして、そのムービーの一つに、PASS THE BATONが選ばれました。

PASS THE BATONの生みの親、遠山正道社長のインタビューです。




 

ブログにもなっています。

私は通訳・コーディネートでお手伝いさせていただいたのですが(ビデオ中に黒子で私がちらっと映ってます。文字通り黒く。。。)、遠山さん素晴らしい方で感激。。。 アイディアはもとより、素晴らしいお人柄もすごく伝わってきました。 それにしても、このパーソナルなストーリを持った商品を受け渡すリサイクルショップ、というPASS THE BATONのコンセプトはユニークで面白いです。 海外にも十分展開できると個人的には思っています。
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
世界三大料理がうんぬんというのはもう古い話なのでしょうか。
フランスもメキシコも地中海もみんな自国の料理を無形文化遺産として登録していると、最近知った無知な私。。。。
お隣の韓国は近年すごい力の入れようで、現在は無形文化遺産登録のウェイティングリストに載っているような状態。

ちょっと日本、このままではまずいんでないの?
折角いいものあるのにもったいなくない?
という声を幾度となく色々な方から聞きました。

そうしたら、農水省さんが動いていました!

で、傍聴が出来るというので、本日いってきました。

20110705-1.JPG


です。

報道陣もいっぱい!

小枝も一緒に傍聴。
20110705-2.JPG

数回に分けて、有識者の方々にご意見を伺うという会のようで、菊乃井の村田さんや服部先生も出席。去年のカンファレンスの時にも似たような形でご意見を頂く場を作っていた者としては、「あぁ~お忙しいのに大変だなぁ~」と思いながら、こういう場に足を運んで下さることにただただ頭が下がる思いでした。

20110705-3.JPG
今日の論点は「そもそも遺産登録する日本食ってどう定義するの?」ということと、「その遺産を"保護"するための活動って何をしてる?どんなものがある?」ということだったと思います。

日本食の定義ってホント難しい。
多くの日本人が食べているもの、と広く捉えると、海外からきた料理も含むのでらーめんだとかカレーだとか、本当に色々なものが入ってくる。
いやいや、ほんとにそれでいいの?
「日本料理」とするべきでは?
その他色々、沢山のご意見・見解があるわけで。

日本の料理を紹介する去年のカンファレンスでも、コンセプト作りは時間がかかった。。。
「食」とか「文化」は本当にいかようにも定義できるし、誰に話すか、何のために話すかによって定義を変えていく必要もあります。
奥が深いです。

更には、日本人の中で今日本食文化の崩壊が起こっている、という話に繋がります。
ここで私は力強くうなずくのです。
この無形文化遺産登録の取り組みがうまく国内の日本食文化の存続だとか、更なる成長に繋がることを切に願うのであります。

海外に日本の素晴らしい食文化を発信したい!と思いながら色々な活動をしているつもりではあるけど、我が家はどうなんだろう?と思うこともしばしば。

自分自身、かなり非国民。
つい数年前まで飲むお酒はワインばかり、好きな食事はオシャレなフレンチ的な、大人が嘆くダメな若者でしたから。
ここ数年は日本酒も飲むし、和食も作るし、と更生しましたけど、まだまだですなぁ。

「子供に何を残したいか。」

最近はそれをキーワードに無い知恵絞って事業考えてます。

そうそう、この無形文化遺産登録プロジェクト、一般の方からもご意見を募集しているそうです。
みなさんも是非!
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
今月は日本酒のイベントに行くことがあり、その盛り上がりぶりに相当驚いています。

20110624-1.JPG
若い人も沢山来てます。
しかも平日の昼間なのに!
なんでだろう?謎が多いです。

てっきり私は下降傾向なのだと思ってましたし、実際数字も下がってきているようですが、そんなことは全く感じさせないイベントの盛況ぶり。

私の周りは相変わらず日本酒ドリンカーは天然記念物並みに見かけませんが、いるところにはいるのですね。

この調子で日本酒業界活性化してほしいものです。

日本酒のイベントに少しでも行ってみようかしら?と思われたそこのアナタ!

この「日本酒カレンダー」という最強のサイトから知ることが出来ます。
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
私は液キャベ派ですが、これは飲んだ後に飲むものです。
この間は外で日本酒を飲む日が続き、胃が悲鳴をあげていたので、飲む前用のドリンクを試してみました。


飲みすぎないように注意したせいもあると思いますが、かなり調子よかったです。

でもやっぱりナチュラルなものがいいですよねぇ。

プリックリーペア(prickly pear)というピンクのサボテンも二日酔いに効くんですよ!
日本でなかなか手に入りませんが。。。
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments