home > blog > US/Napa/California

自分の勉強のために、ワイナリーに行くことにしました。
しかし、ナパには約600のワイナリーがあると言われています。
困ります。

しかも、そう何件もいけるわけではないので、慎重に選びました。

選んだ基準は、
ナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの加盟ワイナリーであること
(→仕事的に少しでも詳しくなりたいので。。。)
②有料のしっかりしたツアーがある
③料理とワインのペアリングディナーが体験できる

その基準を満たしたワイナリーの中でも、
個人的なつながりがあったのが『ヘス・コレクション』でした。

DSC06260_R.JPG
場所は山の上。
マウントヴィーダーという山脈のところです。
ナパのメインストリートからちょっと離れるので、穴場的スポットです。
ワインの授業をとったCIAからは30分くらいでしょうか?

途中『HALL』というワイナリーのバニーが可愛いから写真を撮れ、と
元ルームメイトに言われとりました。
ちなみに、(私の記憶が正しければ)bunny hoo hooと言います。
そしてこのバニーにもストーリーが、、、ワイナリーにはなんでもストーリーがあるんですよ!
アメリカ人ビジネス上手!

DSC06247_R.JPG
かなりクネクネした道をひたすら登っていきます。

DSC06249_R.JPG
天気が良くて気持ちがいい!
ドライブにぴったり!
(乗ってるだけの私はサイコー!)

ワイナリーに到着すると藤の花がきれいに咲いていました。

DSC06252_R.JPG
すてき~

DSC06250_R.JPG
癒されます。

ヘスコレクションは、ヘスファミリーという大金持ちの所有するワイナリーのひとつ。

DSC06259_R.JPG
ヘスさんはアメリカ、アルゼンチン、南アフリカ、オーストラリアの4大陸でワインを作っています。
いやぁ、すごいですな~
今、4代目だそうです。

DSC06261_R.JPG
お金持ちなんだな~とわかるのが、ワイナリー内のアートコレクション。

DSC06262_R.JPG
アートだけのフロアがあって、まさに美術館です。

DSC06263_R.JPG
現代美術が好きな私はテンションが上がります。

DSC06281_R.JPG
左側から右側へ、絵をみながら歩くと表情が変わるトリックアートのような絵。
DSC06282_R.JPG
今回は、『Tour Of The Palate』という、毎日2時開始のツアーに申し込みました。
おひとり様、$85。
いいお値段です。

DSC06265_R.JPG
まずはガイドのラリーさんにワイナリーの歴史から、畑のこと、ワインについて解説してもらいます。

DSC06256_R.JPG
そして、メインのワインとフードのペアリング!

DSC06269_R.JPG
合わせるワインは3種類と3種類のお料理。

DSC06270_R.JPG

ヘスにはチャッド・ヘンドリクソンさんというワイナリーシェフがいます。
CIAの卒業生で、奥様もCIAの講師。
奥様は毎回イベントでお世話になっている、超やさしい方なのです。
もう、大好き!
チャッドにはあったことがないので、今回会えるかな~と期待したのですが、その週末は不在にしていて叶わず。
残念でしたが、別のシェフがおいしく調理をしてくれていました。

DSC06272_R.JPG
さて、ワインが注がれ、料理が運ばれてきて、
次はペアリングのレクチャーだわ!と思ったら、
「自分のベストマッチを探してみて!」とラリー。
ペアリングは人に「これとこれが合う」と言われるものではなく、
自分の好きなペアリングを探すべき、というのが信条。

え~おしえてくれないの~と思うのもつかの間、
ラリーが

「おぉ~このビシソワーズとシャルドネを合わせるとぴったりだ!
このシャルドネのクリーミーさと、ビシソワーズのクリームが、サイコーだね!」

とか

「うーん!この2番目の19th block Cuveeとカジキ、いいね~。
むむむ、3つ目のカベルネとステーキはもちろん合うけど、キャラメライズしたオニオン!!これだよこれ!」

みたいな調子で、ちゃんとガイドしてくれます。

お料理は素材が複数合わさった形で出てくるので、それぞれの要素(素材)をワインと合わせながら試すことができます。
なので、ワインとステーキだけ合わせることもできるし、ステーキととマッシュポテトを一緒にしてワインと合わせるとか、フォンドヴォーをつけたりつけなかったり、それでペアリングの変化をみるのです。
そうすることで、無限の組み合わせを楽しむことができます。

個人的にはシャルドネとポテト系のペアリングが感動的でした。

ビソシワーズもラリーのコメントしたとおりバッチリでしたが、
ステーキの下にあったマッシュポテトともかなりマッチ。
カジキとかぼちゃの組み合わせにもぴったりでした。

ワイン自体も日本で飲んだものよりもエレガントに感じられて、おいしかった!
やっぱり現地で飲むとおいしいのよね~なぜか。

そして今回嬉しかったのが、特別サービスで出していただいたチョコレートのペアリング!
有難うラリー!

DSC06274_R.JPG

2種類の赤ワインにそれぞれチョコが1つずつ。

ひとつはチェリーが入っていて、2番目のレッドブレンドと合わせるとワインがジューシーに!
でも3つ目のカベルネと合わせるとワインが渋くなる。

おもしろい~~~~

そんな感じで、感動しながら飲んで食べてしていると、途中からどうでもよくなってきます。

全部おいしくなるわけです。

それでショップに寄ると、サービスもしてもらったし、ワインを飲んで気持が大きくなっているしで

送料と税金が想像よりはるかに高くなることも露知らず、
「日本よりやすいじゃ~ん、日本に売ってないのも沢山あるじゃん~ん」と、1ケースご購入~

楽しくワイナリーを後にするのでした。

DSC06287_R.JPG
ワイナリー選びに迷ったら、ヘスコレクション、お勧めします。
ただ、ドライバーが必要なのでご注意を。。。
前回のブログから1カ月も経ってしまいました!
今の時代、ネタは鮮度が命なのに、まだ1か月前のナパツアーのことを書き終えていません。。。
すみません。。。

ナパツアーについては、ゲストのおひとりが素晴らしいレポートをブログで紹介して下さったので、リンクさせていただきます☆


武田さん、有難うございました!

というわけで、無事ツアーは終了いたしました。
海外出張は準備も大変ですが現地で100%全身全霊を込めて仕事するので、
キャパの少ない私は終了と同時に燃え尽きます。
以前完全燃焼して帰国後、仕事の後処理をやりつつ、留守中に我慢していた子供の気持のケアをしつつ、家事をしつつ、時差ボケを直しつつ、とやっていたら精神的にも体力的にもどうもふるわず、完全復帰するのに2カ月くらいかかったことがありました。
そのため、以来、現地に残ることができる場合は1日か2日間、延泊することにしました。
すると、帰国のフライトで後処理もできるし、回復も早いです。

かなり贅沢で、留守中、家族の世話を丸投げされた私の両親はたまったものではないですが。。。
もうそれは手を合わせて感謝しながら拝みながらお願いしています。
おかあさん、おとうさん、ありがとう~~~

さて、今回は念願かなって名門料理大学CIAで単発のワインクラスをとることができました。
DSC06239_R.JPG
CIAでは週末を中心に一般向けのクラスがあり、生徒でなくても受講が可能です。
(オンラインで申し込み可能です)

私が今回受講したクラスもベーシックな内容。
知っていることも多かったですが、基本は大切。
そして、英語でちゃんとしたワインのレクチャーを受けるのは初めてだったので、とても良かったです。
DSC06240_R.JPG
受講生は私含めて7名くらいでした。

DSC06242_R.JPG
クラスの始まりに「朝食にどうぞ」と、あまいクロワッサン等々のペイストリーのサービスが!
ワインテイスティングするのにいいのか?と思いましたが、せっかくなので甘くないクロワッサンを。。。

DSC06243_R.JPG
ぶどうジュース、白、赤、スパークリング、酒精強化ワインまで色々飲みました。
DSC06244_R.JPG
ちなみに、CIAとは
Culinary Institute of America (カリナリー・インスティトュート・オブ・アメリカ)といって、
アメリカでは有名な料理大学です。
日本では料理で学位はとれませんが、アメリカではれっきとした学問で、学位が取れます。
もう一度大学に通えるのなら、私は間違えなくCIAを志望します。
そして許されるなら今でもCIAに行きたいです。
(ご主人さまには許されませんでしたが。。。)

本校はニューヨークの田舎、ハイドパーク。
ナパは分校で、一旦社会に出て飲食業界で働いた人が更なるレベルアップのために教育を受けにくるところです。(近年は学士のプログラムもできたみたいですが)
なので、生徒さんの年齢層も少し高めとか。
学ぶのは料理だけではなく、経営などもちゃんとやるそうです。
ナパの分校のイベントも、NYと比べるとビジネス的な要素が強いです。
(で、そのイベントのコーディネートも私はやっています。スポンサーはいつでも募集しています!)

キャンパスには生徒が料理してオペレーションもしているレストランがあり、
普通に食事をすることができます。

キャンパスショップには料理グッズがいっぱい!
テンションが上がります。
CIAのクラスを受講すると10%オフになるので、色々お買いものすることをお勧めします。

2010年ごろにキャンパスショップの奥にオリーブオイルとチョコレートのテイスティングバーができて、充実してきました。
CIAブランドのチョコもあって、見た目だいぶシンプルだったので「どうなのかな~」と思ったのですが、CIAの人いわく、かなりレベルは高くおいしいとのこと。
あー買えばよかった!

次回買ってみます。

午前中のクラスを終えた後は、大学時代のルームメイトに迎えにきてもらい、
ヘス・コレクションという山の上にあるワイナリーへ行くことに。

つづく・・・
| comments(0) | trackbacks(0)
category:
1

About

Profile ブログ執筆者について University of California, Berkeley卒。米会計事務所系コンサルティング会社、米系調査会社を経て、2009年に独立。 ワインエキスパート、きき酒師。 現在は「日本のいいものを海外へ、海外のいいものを日本へ」をコンセプトに活動。飲食関連の海外ビジネスや海外イベントのコーディネート等を多く手掛け、海外ビジネス・団体の日本オフィス的役割も担う。2013年からはナパ・ヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表を務める。

Twitter - ShizukaW

Monthly Archive

Recent Comments